トップページ>自動車事故での保険修理

自動車事故での保険修理

保険修理!
の前に
チェック!

上手な自動車保険の使い方

自動車の保険には、所有者に法律で義務づけられている自動車損害賠償責任保険(自賠責保険、強制保険)と任意で加入する自動車保険(任意保険)の2種類があります。

ただ強制保険である自賠責保険だけでは、事故の内容により多額の損賠償責任が生じてしまうと賠償額をカバーできないケースが出てきます、そういった状況にならないためにも任意である自動車保険に加入しておくのが安心です。

任意保険今では自動車保有者の常識となりつつあります。ただし車両保険か対物賠償(相手の車の賠償)のどちらかを利用すると等級がダウンし、保険料が上がってしまいます。
事故の内容により任意保険を使ったほうがお得なケースとそうでないケースがありますので迷ったらまずこの表でチェックしてみてください。

保険利用 YES NO チェック表

任意保険を
使う方がお得

保険を使用することにより金額が上がる保険料と保険を使わずに修正したケースの金額を比較して、保険を使うほうがお得です。

任意保険を
使わない方がお得

保険を使用することにより金額が上がる保険料と保険を使わずに修理した場合の金額を比較し、保険を使わない方がお得です。

【保険使用に関する注意事項】

  • ※人身事故の場合は上記内容は該当いたしませんのでご注意下さい。
  • ※個々の任意保険ご契約内容により実際の結果とこの診断結果が異なる場合がございます。詳細は各保険会社にお問い合わせ下さい。

【車両保険について】

※車両保険は主に、相手がいない事故や自損事故、当て逃げなどにも保証される「一般条件」、相手が特定できる事故や自動車同士の事故などに対応した「車対車」、自然災害やいたずら等に限定した「エコノミー」があります。
上記の表に対応している車両保険は「一般条件」及び「車対車」です。詳細はご加入先の保険会社にお問い合わせ下さい。

車両保険とは

車両保険とは、偶然の事故により保険契約をしている自車が損害を受けた場合に、車の修理代等が支払われる保険、つまり「自分の車の損害を補填する」保険のことです。
一般的には「一般条件」「エコノミー(車対車特約)+限定A(特A特約)」「エコノミー」「限定A」から補償範囲を設定できます。また免責金額をつけて契約することができます。

一般車両保険

「偶然の事故によって車に生じた物的損害を補償する車両保険」のことをいいます。
自損事故・車同士の事故・盗難・いたずら・落書き・飛来物・自然災害(地震・噴火・津波は除)の他、当て逃げなど相手が立証でききない事故まで補償。一番補償が充実し保険会社の補償リスクが高いため保険料も高くなります。

エコノミー+限定A

一般車両保険から、自損事故や当て逃げを除いた内容を補償する車両保険です。車同士の事故・盗難・いたずら・落書き・飛来物・自然災害(地震・噴火・津波は除)を補償。補償範囲が限定され保険会社の補償リスクが低いため保険料も安くなります。

エコノミー

「車対車」の事故による損害の場合だけ、この保険で補償されます。エコノミー+限定Aに比べ、保険会社の補償リスクが低いため保険料は安くなります。

限定A

盗難・いたずら・落書き・飛来物・自然災害(地震・噴火・津波は除)を補償。保険会社の補償リスクが低いため保険料は最も安くなりますが、単独で契約するケースはほとんどありません.

対物賠償保険とは

交通事故を起こして、他人の車やモノなどの財物に損害を与え、法律上の賠償責任を負った場合に支払われるのが対物賠償保険です。バスやタクシー、電車などとの事故による休業補償分の賠償金にも、対物賠償保険が適用されます。免責金額をつけて契約することもできます。

お電話でのお問い合わせ086-250-0716